中学受験の際に子どもに勉強の意欲を持たせる方法

中学受験を考えている子どもを持つ親にとって気がかりなのは、勉強の意欲が持続するかどうかという点です。
受験勉強は長丁場です。
陸上競技で例えるならマラソンをやっているようなものですので、長い時間勉強をし続ける必要があります。
では、どうすれば中学受験の勉強意欲を持続させることができるのでしょうか。

その点で親としてできることは、子どもに競争意識を芽生えさせることです。
やはりある程度人に勝ちたいという気持ちがないと勉強の意欲は起きません。
では、どうすれば競争意欲を植え付けることができるのでしょうか。

そのために必要なのは良いライバルです。
子どものそばに良いライバルがいれば自然と競争意識が芽生えます。
結果的にそれが勉強に対する意欲へと変わり、長丁場の受験勉強にも耐えることができるのです。

では、どうすれば良いライバルを見つけることができるのでしょうか。
そのための方法として塾を活用することができます。
子どものレベルと同じか少し上のクラスに通わせることでライバルとなれるような友達を見つけることができます。
ここで注意したいのはあまりにも子どもと学力の差があるクラスに入れてしまうとライバルと思えず、むしろやる気をなくしてしまいます。キレイモキャンペーン